BAR 楽屋 - 楽器に囲まれて楽しいお酒を
RSS

最新記事

6周年
インフルエンザに・・
明けましておめでとうございます
11月のスケジュールです
お掃除スタッフ募集!!

カテゴリー

ご報告
ライブ情報
今年もよろしくお願いしま
営業時間のお知らせ
土日の出来事
弾き語り
日本酒の会
最近の出来事です
検索エンジンの供給元:

マイブログ

尊敬する沼澤尚さんご来店!

2月の7日にblues.the-butcher-590213 ブルーズ・ザ・ブッチャーさんが
ライブの打ち上げをしにBAR楽屋にご来店くださいました
しっかりと壁にサインもいただきました
それにしてもメンバーがみんなすごい経歴!
尊敬する沼澤尚さんは落ち着い感じで飲んでおられました
 
blues.the-butcher-590213 ブルーズ・ザ・ブッチャー
 
永井ホトケ隆(vocals & guitar)
1972年、同志社大学在学中に〈ウエストロード・ブルーズバンド〉を結成。同年9月のB.B.Kingと共演し深くブルーズに傾倒する。数多くのライヴをこなしながら“関西ブルーズ・ムーヴメント”の核として活躍し、75年レコード・デビュー。同年ライヴ・アルバムもリリース。翌年アメリカ、カナダなど5カ国でアルバムがリリースされ渡米。77年〈ウェストロード〉解散後、吾妻光良等と〈ブルーへヴン〉を結成し2枚のアルバムを残す。80年代、ソロとして活動しながら『エンドレス・ブギ』などのコンサート・プロデュースとレコード・プロデュースも行う。90年代にはソロ・アルパム『フールズ・パラダイス』など2枚のアルバムをリリース。また、大阪毎日放送にてラジオ番組〈ズ・スピリッツ〉のDJを4年半担当。95年ニューヨークのクラブ、「トランプス」にてウエストロードのライヴを行い『ライヴ・イン・ニューヨーク』としてリリース。98年、小島良喜等と〈tRICK bAG〉を結成しアルバム『Last Exit』をリリース。05年東急オーチャード・ホールにてワールド・ミュージック・シリーズのブルーズ編『ヒストリー・オブ・ブルーズ』をプロデュース。過去、B.B.Kingをはじめ、Albert King、Robert Crayなど海外ミュージシャンとの共演も多く、またエッセイストとしても『ブルーズ パラダイス』など3冊のエッセイを発表し、吾妻光良との共著である教則本『プレイ・ザ・ブルーズ・ギター』も出版されている。現在は月刊アフタヌーンに連載の『俺と悪魔のブルーズ』(講談社)の監修を担当。05年から活動していた浅野祥之とのデュオに沼澤尚が参加する形でベースレス・バンドとして結成されたザ・ブルーズパワーを経て、現在blues.the-butcher-590213を中心に活動中。

公式サイト:http://www.hotoke-blues.com

沼澤 尚(drums)
1983年大学卒業と同時にL.A.の音楽学校PIT(Percussion Institute of Technology)に留学、JOE PORCARO,RALPH HUMPHREY等に師事。卒業時にHuman Relation of The Yearに選ばれ同校講師に迎えられた。現地では2000年までにCHAKA KHAN,BOBBY WOMACK,LA ALL STARS(AL McKAY,VERDINE WHITE,THE EMOTIONS),SHIELA E.,NED DOHENYなどのツアー参加をはじめ数々のアーチストと共演しながら、CAT GRAY,KARL PERAZZOと"13CATS"を結成、96年までに4枚のアルバムを発表、96年、99年には日本ツアーも行なう。日本国内でも活動を始め数え切れないアーチストのレコーディングやライブに参加。99年に15年間の音楽生活を集約した初のリーダー・アルバム"THE WINGS OF TIME"を、翌2000年に自身の写真とエッセイをフィーチャーしたアーティスト・ブック、"THE SEVENTH DIRECTION"を発表。06年には内田直之のDUB MIXによるMARCOS SUZANOとのデュオ・アルバム「ネニューマ・カンサオン・ソー・ムージカ」、07年には第2弾となるブラジル録音"THE COPACABANA SESSIONS"と勝井祐二、内田直之とのフジロック '06でのライブDVD映像の2枚組作品、08年には勝井祐二、内田直之とのスタジオ録音盤の第3弾”NO PORAO”をリリース。さらに09年秋にはOKI、EXPEとの第4弾となるライブDVDをリリース予定。現在は自身のバンドであるblues.the-butcher-590213,OKI DUB AINU BAND, THEATRE BROOKを中心に、元スーパーカーのナカコーのソロ・プロジェクト"iLL",鬼才スペースギタリストEXPEとのSPACE DUB FUNK, Leyona, MARCOS SUZANO,内田直之,勝井祐二/迫田悠,井上陽水 奥田民生, 安藤裕子,フルカワミキ...etc...と活動中。

公式サイト:http://www.numazawatakashi.com/

中條卓 (bass)
1965年神奈川県生まれ。12才の頃に聴いたBeatlesをきっかけにポピュラー音楽に興味を持つ。その後Bob Dylan、Rolling Stones、The Band、Allmans等も聴くようになり、ベースを手に入れ友人達とStax系のR&BやBluesナンバーも演奏するごった煮バンドを結成。当時はWest Road Blues Bandも手本としていた。その後、幾つかのRockバンドやセッション活動を経た後、1996年にTheatre Brookに加入。ここでドラマーの沼澤 尚に出会い、Blues Powerへのゲスト参加をきっかけとして、2007年blues.the-butcher-590213に至る。エレクトリックもウッドも使いこなす実力派ベース・プレイヤー。

公式サイト:http://www.nakajoweb.com/

KOTEZ (harmonica & vocals)
1971年、東京生まれ。シンガーソングライター/ピアニスト、YANCYとのデュオ「コテツ&ヤンシー」で2001年にアルバム・デビュー。その後、ドクター・ジョン、バディ・ガイ、オーティス・ラッシュ、オル・ダラのオープニング・アクトや鮎川誠(シーナ&ザ・ロケッツ)、内海利勝(元キャロル)、木村充輝(憂歌団)、永井ホトケ隆(ウェスト・ロード・ブルーズ・バンド)との共演や、ムッシュかまやつ、八代亜紀、パリスマッチ、奥井亜紀、ポカスカジャン、古澤良治郎、他多数のレコーディング/TV-CFハーモニカ演奏、ナレーション/CDライナーノーツ/音楽雑誌などの著作活動を幅広くこなす。ファンキーかつメロディアスなプレイを信条とするハーモニカ、ソウルフルで斬れのある独特なハイトーン・ヴォーカルともに各方面に定評がある。

公式サイト:http://www.kotez.com/

尊敬する沼澤尚さんご来店!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment